お子さんの性格は、ご両親、特に身近にいる母親が、一番お分かりだと思います。

ご兄弟がいても、それぞれ違う個性を持っています。同じように育てたとしても、「全く似ていないわ!」と言うことの方が多くあります。

一人でやることが不安なお子さんには、一緒にやってあげることで、だんだんと自信がついてきます !

何をやるにも、「お母さーん!」と一人でやることが不安なお子さん。常に「一緒にやってほしい‥」と思っていますが、親にとっては「自分でやってみなさい。」と思うところですが、こういう時は、お子さんと一緒にやってみることが一番良いのです。

自分でやってみて、出来るようになった時、「一人で出来たねー!」と言ってあげると、自信が持てるようになります。

不安がるお子さんには、「失敗しても大丈夫だからね」と、安心感を与えることで、「今度は自分でやってみよう!」という意欲がわいてきます。

何でも自分でやりたがるお子さんには、色々なことを挑戦させてみましょう !

不安なお子さんとは、反対に、何でも自分でやりたがるお子さん。出来ないだろうと親が手をかそうとしたら、嫌がりますね。

こういうお子さんは、自立心が旺盛なので、色々なことに挑戦させてみましょう。

その中に、自分に興味があることを見つけることが出来たら「もっとやってみたい。」と、頑張ることができます。

あなたのお子さんは、どちらのタイプですか?

どちらのタイプのお子さんにも、失敗を恐れず、やってみたいことは、どんどん挑戦してほしいのです。

不安がるお子さんには、安心感が満たされていれば、自信へとつながり「頑張ってみよう!」と意欲が出てきます。

何でもやってみたいお子さんは、色々なことを体験することで、何かの新しい発見が見つかることも。

子供の成長は早いものです。お子さんの個性を知ることで、その個性を伸ばして上げられるよう応援してあげましょう!