貴乃花親方の性格と運勢を見てみました。

相撲は陰陽五行学の典型とも言えます。

土俵の円は『天』を表し、円外の四角は『地』を表します。

すなわち、その天地で左右の東、西の人が競技をすることで、天(陽)、地(陰)、人が形成されます。

行司の黒い軍配には、月と太陽が描いてあり、『陰と陽』を表しています。

横綱といえば力士の最高位であり、御神体と目され、横綱の土俵入りは、下から上にせり上がります。

これは天と地をつなげる役割です。

土俵は場所ごとに、新たに土を固めて造られています。

その仕上げの作法が『土俵入れ』なのです。

 

相撲は日本の儀式を継承しているために、いろいろと複雑そうですね。

今回の貴乃花親方に対しての理事解任についても、大変な心労だと思います。

 

どんな性格なの?

行動的な活発さはあまり見られないですが、徹底した努力主義の人生観を持っている人です。

豊かな感性を持った方で、案外芸術的センス・学究的な知性を兼ね備えています。

しかし、自分の筋を通し、自分の考えを一歩も譲らないといった頑固さもあります。

まずは実行に踏み切っていき、結果を出していくことが大切だと考える実力主義者の人です。

 

運勢は?

来年2018年は、典型的な逆境運であり、自分の意図したことは実現できそうにない運になっているため、静かに時を過ぎ去ることを待つことが大事になります。

ですが、2019年は自分にふさわしい年の吉運になるでしょう。

 

まとめ

今の運は、不安定な状況が続いたりしますが、これまでお世話になった人との別れがあったり、新たな生活に入っていくことになります。

新規一転した時は、必ずそれに専念することが大切です。その際の決断力と集中力が大切になります。新たなことをした方が吉となる運です。

しばらくは、いろいろと身辺の状況が難しいと思いますが、上手く乗り切ってほしいと思います。