今年もあとわずかですが、寒い時は甘酒を飲んで、体を芯から温めたいですね。

砂糖たっぷり入れるから、甘酒はあまり飲まないという方もいらっしゃると思います。

ですが、白砂糖の変わりに黒砂糖を入れるだけで、かなり糖質がカットできて、黒糖の美味しさがなんともいえません。

黒糖も種類がたくさんありますが、私の一番のお気に入りは、奄美自然食本舗の純黒糖です。

黒糖は産地によって味が違うのですが、この黒糖は奄美本島最南端瀬戸内産のサトウキビを厳選した手作りされた黒糖です。

ひと味違った黒糖の風味とコクがあります。

材料 (2人分)

・酒粕  100g

・ 水   400cc

・黒糖    30g

・粉生姜  2g

・塩   少々

 

作り方

1.お鍋に酒粕と水を入れて火をかけ、温たくなったら酒粕を入れる。

2.酒粕が細かくなったら、黒糖、塩、粉生姜を入れ沸騰したら出来上がり!

 

 まとめ 

酒粕で美肌になる。

というのは、腸内環境が良くなるということです。

たんぱく質の効果の一つ、レジスタントプロテインが油分を吸着し、便に混ざることで便通が改善していきます。

寒い冬の時期になると、体も冷えることで血液量も少なくなるため、腸の働きも悪くなりやすいといいます。

また、黒糖にも善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれて、ニキビや吹き出物、肌荒れ改善にもなります。

是非、甘酒を飲み芯から体を温めることで腸内環境を良くし、美肌を目指しましょう!

 

では、良いお年をお迎えください🎍