正月太り、失敗しないで体重を確実に減らす方法。食事の摂り方が大事。

      2018/01/05

明けましておめでとうございます。

年末からお正月にかけて、ごちそうを食べる日が続いてしまって、『やっぱり太ってしまったー』ということに。

1キロぐらいだったら、気をつければすぐに戻ると思いますが、3キロ増位になるとそう簡単にはいきません。

『腹8分目や腹7分目にしておきましょう。』と良く言われますが、分かっていても、ついつい食べてしまって、なかなか痩せることができないということに、、、。

セーブができなくて満腹まで食べてしまう方におすすめの方法は、“1食抜きの方法”です。

腹8分目で止めることよりも、1食抜いてしまう方が失敗が少ないのです。

そして、朝・昼・晩の3食のうち、一番抜きやすいのが、朝食になります。

1. 確実に早く体重を減らしたい方には、

⚫︎朝ごはんを食べない。

基本は、飲みものだけです。

糖分が含まれていない飲みもの。

水、紅茶、緑茶、ほうじ茶、麦茶など。

普段、朝食を取っている人が朝ごはんを1食抜くと、空腹時には脂肪が燃焼されることで、1キロくらい体重が減ります。

(どうしても何か入れないと無理な人には、黒糖入り紅茶や、糖分入りコーヒーでも大丈夫です。)

お昼頃にとてもお腹が空くと思いますが、食べ過ぎないで、いつも通りの量を食べます。

 

⚫︎サラダや果物から食べる。

食べる順番を考えます。

また、偏らずバランスの良い食事を取る。

1.サラダや、果物から食べる。

2. おかずを食べる。

3.味噌汁を飲む。

4.ごはんを食べる。

 

まとめ

朝食を取らないので、空腹時に脂肪が燃焼されることで体重が減ります。

食事を取らないので、水分はしっかり取ってください。

昼食は食べる順番に気をつけて、サラダや果物から食べて、最後に炭水化物を取るようにしてください。

後は、満腹まで食べないように気をつけます。

もう少し食べたくなったら、『ガムを噛む』『お茶を飲む』のもいいですね。

日頃、朝食を取っている方が、朝食抜きにするだけで、1キロは体重が減るでしょう。

なるべく、間食はしないようにして、体を動かすようにしましょう。

このやり方で、元の体重に戻りやすくなります。

維持できるように、食べ過ぎには気をつけてください。

 

 

 - 健康

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。