インフルエンザが冬休み明けに患者が倍増しているようです。

暦で見ても、この1月と2月は、例年よりも寒くなりそうなので、風邪には十分気をつけてほしいと思います。

予防対策として、是非、毎日ネギを採り入れてください。

昔から風邪に効くと言われてきた『ネギ』ですが、

ネギの青い部分に含まれる『ヌル』と呼ばれる粘液を摂取すると、免疫力が活性化し、がん予防まで期待できる可能性があると言います。

その効果は、加熱しても失われません。

ヌルは、一見入っていないように見える白ネギの部分にも含まれています。

ネギは、よく鍋物に入れたり、味噌汁に入れたりすると思いますが、色々な調理法で楽しんで下さい。

 

青ネギチーズトーストの作り方

(材料) 3人前

・食パン 3枚
・ネギの青と白の部分 200g
・バター 10g
・小麦粉 大1
・牛乳    100cc
・ピザチーズ100g
・塩    小1/4
・こしょう 少々

作り方

1.ネギの青と白の部分を小口切りにし、しなっとするまでバターで炒める。

2.小麦粉をふりいれ、牛乳を入れてよく混ぜる。

3.塩、こしょうで味を調えてパンに塗り、ピザ用チーズを乗せて、トースターで3〜4分、きつね色になるまで焼いて出来上り。

まとめ

青ネギチーズトーストは、朝ごはんや、昼ごはん、またおやつにでも、喜ばれると思います。

是非、作ってみて下さい。

また、ネギを切ると細胞が壊れ、香り成分『アリシン』が発生します。

この香り成分アリシンには、血流アップの効果があり、抵抗力を高めてくれます。

ただ、このアリシンは”生”であることが大事で、加熱するとアリシンは生まれないので、薬味として採り入れるようにしたいですね。

ネギを、生のものと、加熱したもの両方をたっぷり採り入れれば風邪対策万全ですね!