2018年2月4日以降に生まれた人は、九星で言うと九紫火星の生まれになります。

九紫火星の年に生まれた人は、どのような性質なのでしょうか?

 

五行で言うとに属していて、薪、炭、油などで燃えます。

独立して事を起こすよりも、人と共同して行うことが吉となります。

適職は、俳優、放送、宣伝、技術者、文筆、学者などがよいでしょう。

一度、燃え上がれば火の如く名声が上がります。

名誉心あり、機敏ですが、飽きやすく、気移りがあるために終わりを全うできないところがあります。

 

異性とお酒に注意。縁は、付く、離れるで二度になることが多いので注意が必要です。

独立せず、人と共に進めば、成功できる人です。

病気では、咽頭、眼病、脳、歯、心臓、消化不良に気をつけましょう。

 

⚫︎九紫火星の生まれの人

(1928年・1937年・1946年・1955年・1964年・1973年・1982年・1991年・2000年・2009年・2018年)