心と体のバランスを取ることが決め手!体の内側から元気になれば運は急上昇!

子宝運 (命式を見て妊娠できる体質に持っていく)

 
  2020/01/21

なかなか子宝に恵まれない。『どうしてだろう?』と悩んでいらっしゃる方。

お子様を授かるために、食生活に気をつけてみたり、または、通院されている方もいらっしゃるかと思います。

 

将来はお子様と楽しく過ごしたいと願っているけれど、『どうしたらいいのか?』と自信をなくしていませんか?

 

『お子さんの縁が深いのか?』

『お子さんの縁が薄いのか?』を見ることができます。

 

元々、子供縁が薄い方もいらっしゃいますが、お子様ができないというわけではありません

 

健康なお子さんを授かるためには、ご夫婦の体調管理も万全であってほしいと思います。

 

そこで、妊娠できる体質になるために、

食生活の見直しをすることで、体質が改善される』ことで、妊娠できる体質にもっていく』ことがとても大切です。

 

四柱推命で分かること、体調管理で気をつけることについてお伝えしたいと思います。

 

・あなたの命式から子供の星があるのか?

日柱 月柱 年柱  
甲午 辛卯 干支
蔵干
  比肩 偏財 通変星
食神 食神 偏印 通変星
冠帯 建禄 十二運

 

女性から見て、子供の星は、

“食神星””傷官星”になります。

上図では、”食神星”が2ヶ所あります。

(*しかし、この星が多すぎても良くありません。)

 

また、男性から見ると、子供の星は、

正官星”偏官星”になります。

 

あなたの命式に、子供の星があるかわからない方は生年月日を入力して調べて下さい。

こちらから

 

・子供の星がない人は恵まれないのか?

日柱 月柱 年柱  
乙巳 丁亥 干支
蔵干
  偏印 比肩 通変星
比肩 正財 印綬 通変星
冠帯 帝旺 十二運

子供の星、“食神星””傷官星が命式上にない場合。

子供の星がない人でも、お子さんがいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

上図では、子供の星(食神星と傷官星)がありません。

しかし、持っていないから恵まれないと言うことはないのです。

 

また、子供の星がない方には、応援する”比肩星“と刧財星“があることが好ましいです。

上図では、丁(ひのと)の比肩星があります。

 

・子供の星と相性の悪い星がないか?

食神星にとって良くない星 ”偏印星”がないか?

倒食』(とうしょく)とも言われます。

食神星があって、”偏印星”があると良くないと言われます。

しかし、”偏財星”が一緒にあることで、偏印星が弱まり回避できるのです。

食神星が強くなる、“比肩星”もあると良いです。

 

・男の子・女の子生まれやすいのは?

良く肉や魚を食べると、男の子が生まれやすい。

また、野菜をたくさん食べると女の子と聞きませんか?

これは迷信のようですが、、。

日柱 月柱 年柱  
丁丑 己未 干支
蔵干
  比肩 食神 通変星
印綬 食神 食神 通変星
冠帯 冠帯 十二運

命式で、子供の星 (食神星と傷官星)をみて、その星が”陰性か陽性”かを見ます。

あなたの子供の星が、

陽→ 甲(きのえ)・丙(ひのえ)・戊(つちのえ)・庚(かのえ)・壬(みずのえ)

のいずれかであれば、男の子

 

陰→ 乙(きのと)・丁(ひのと)・己 (つちのと)・辛(かのと)・癸(みずのと)

のいずれかであれば、女の子

上図の食神星の己(つちのと)は、陰性なので、女の子の傾向が強いと言えます。

 

・食生活を見直して、”妊娠しやすい体質”に持っていく!

ご夫婦ともに、お子さんが授かることができない体質であれば、仕方のないことですが、特に問題がない場合は、『食生活を見直し』することをオススメします。

 

1日3食とは言いますが、3食では食べすぎていると言うことになります。

ふさわしい食事は、『1日2食』になります。

朝食抜きの1日2食になることで、体の不調が治っていく』と言うことです。

 

しかし、朝食を軽くするだけでも効果はあります。

実際のところ 、2、5食になるでしょうか。

1日3食というのは、胃は常に休むことなくフル活動しなくてはなりません。

本来は、食べない時、特に空腹の時に体の不調を改善してくれます。

それがアンチエージングになります。

なので、今、朝ごはんをしっかり食べていると言う方は、軽めの朝食に変えていくことが大切です。

 

・朝食を見直してからの私の実体験

もう16年前のことになりますが、妊娠前に食生活を見直すことにしました。

それは1人目を産んでから3年も経過していたこと。

そして、一人目の妊娠中の時、体重が10キロ以上増えてしまったことと、尿検査でプラスになったことがあったので、体調に気をつけなければならなかったこと、、。

 

食生活を見直して3ヶ月後、まもなく2人目が妊娠。

朝食は、果物とヨーグルトだけにして、軽く済ませていました。

(簡単に作れる、手作り豆乳ヨーグルトがオススメです!)

見直す前は、しっかりパンを食べていましたから、、。

 

そして、妊娠中の尿検査では『たんぱくと糖』が出ているかを調べますが、一度も引っかかりませんでした。

『食生活の見直しが良かったのだろう』と確信できました。

 

私自身、朝食を軽くするようになってからは、めったに風邪を引かなくなり、肩こりも良くなりました。

 

エネルギーを補充するために、『朝食は必ず食べましょう』とも言われますが、私の実体験で言えることは、『朝食は軽くする。または朝食なし』の方が体調が良くなります。

なので、今でもずっと続けています。

 

・まとめ

命式から、お子さんの縁があるかどうか分かりましたか?

一番大切なことは、『絶対に授かる!と言う前向きな気持ちがとても大切です。

 

命式上に子供の星がなかったり、または多すぎたりしても、お子さんが生まれる可能性は十分にある!』と言うことです。その可能性を信じて、頑張っていただきたいと思っています。

 

そこで、『あなたの体調のバランスを整えていく!』には『食生活の改善』が必要です。

『食生活の改善をしていく』ことで体調が良くなっていきます。

 

是非、明日からでも『朝食の見直し』をオススメします。

逆に、食生活の見直し・改善をしなければ、体調も良くなることはないのです。

早めに見直すことで、もちろん個人差はありますが、効果がすぐ現れて妊娠することも十分あり得ます。

 

妊娠できる体質に持っていく』には早速、『明日から朝食を軽くしてみませんか?』

 

2、3日続けられれば、だんだんと慣れていきます。そして、1ヶ月と2ヶ月と続けられれば、妊娠できる可能性がグンとアップしていきます。

昼食がとても美味しくなって、体調も良くなって行くのが感じられると思います。

 

可愛いお子さんを授かるために、是非、実行してみてくださいね!

 

『朝食の取り方を、もう少し詳しく知りたいと言う方』

または、『できるだけ早い妊娠を望んでいると言う方

 

まず、あなたの日頃の食生活をお聞きして、その方の体質に似合った食事の取り方をアドバイスさせていただきます。

お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© ひいろの四柱推命 , 2017 All Rights Reserved.