食事は『陰と陽のバランス』がとれていると、自然と体調が良くなっていく。

      2019/09/21

こんにちは ひいろです。

 

朝晩は涼しくなり、秋らしくなって来ました。

今までは体を冷やしてくれる食べ物を好んでいましたが、これから涼しくなるにつれて温かいものが欲しくなって来ますね。

 

私たちが日常食べるものは、陰性と陽性に分けられています。

体を冷やす食べ物と、体を温める食べ物がありますが、日頃、気をつけていますか?

 

この陰の食品と陽の食品をバランス良くとることがとても大切になって来ます。

 

暑い地域で良く育ち、カリウムの多いものが『陰性食品』と呼び身体を冷やします。

身体、血管、腸管を緩めるなどの特徴があります。

代表的な食品として、ナスやきゅうり、葉物野菜、白砂糖、白米、小麦粉の精白食品、豆腐や豆乳などの大豆製品、乳製品、お酢などがあります。

 

寒い地域で良く育ち、ナトリウムのい多いものを「陽性食品』と呼び、身体を温めます。

身体、血管、腸管を締めるなどの特徴があります。

代表的な食品として、人参やかぼちゃ、ごぼうの根菜類、味噌、醤油、梅干し、漬物、肉、魚などが挙げられます。

陰性・陽性にかたよらず、その真ん中の性質を持つものを『中性食品』と呼びます。

 

人も陰陽どちらかに偏らず真ん中の『中庸(ちゅうよう)』であることが、もっとも健康で病気になりにくいと言うことになります。

中庸な食品として、玄米、あわ、きび、ひえ等の雑穀米、三年番茶などが挙げられます。

 

玄米は体に良いと言うのは、栄養が丸ごと取れると言う意味もありますが、中性食品としても陰陽のバランスを取ってくれるので玄米を食べることで、病気になりにくい身体づくりができます。

 

暑い時期は、身体を冷やすものを取っても大丈夫ですが、これから冬に向けて、身体を温めてくれる根菜物がおすすめです。

 

日頃の食事は、陰性食品にかたよっていたり、コーヒーを飲みすぎてしまうと、身体は冷える一方なので、夕食の時だけでも、陰性食品と陽性食品のバランスを考えてとるようにすることで、健康を保つことができます。

 

忙しい人ほど、身体に優しい食べ物をとることが必要になります。

 

陰陽のバランスが取れていて、体質も中庸であれば、何年後でも健康でいられると言うことです。

 

色での見分け方では、

赤、黒、だいだいなどの暖色系は『陽性』。

赤の代表は肉。黒は魚類。だいだいはかぼちゃや人参。

青、緑、白などの寒色系は『陰性』

葉野菜、白砂糖、小麦粉など。

と言うのが、基本的な見分け方です。

 

陰陽のバランスが分かりにくい方は、簡単な見分け方、色で判断するのも良いですね。

暖色系と寒色系でバランスを考えて食べることで、体調が改善されていき、良くなっていきます。

今、体調がすぐれないと言う方は、是非、取り入れてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 陰陽五行

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。