心と体のバランスを取ることが決め手!体の内側から元気になれば運は急上昇!

自我が強い人は、ふさわしい仕事に就けば開運していく!

2020/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、ひいろです。

 

あなたは『自我が強い』と思うことがありますか?

または、人から『我が強いね』と言われたことがありますか?

人から言われたことが分からなくは無いけれど、『やっぱり自分の考えが一番正しいのでは?』と思うことってありますよね。

自分の性格は分かっているけれど、生まれ持ったものはそう簡単に変わるものでないです。

そのあなたの性格を活かした仕事に就くことが、本当はふさわしい!

 

今現在の仕事に不安を感じていたり、他に向いている仕事があるのではないか?と思っている時、本当はどういう仕事に向いているのか?少し考えてみると、『ちょっと違っていたのかも』と気付くことができます。

 

そこで、命式から見た自我が強い人は、どういう仕事に就けば良いのかを見ていきましょう。

 

・命式から比肩星・劫財星があるか?

あなたの命式から自星(比肩・劫財星)を持っているか?で見ていきます。

この星が3つ以上あれば、自我が強いと言えるでしょう。

(2つの自星でも、しっかりとした強い自星であれば同様です。)

日柱 月柱 年柱  
辛酉 庚子 辛未 干支
蔵干
  劫財 比肩 通変星
劫財 傷官 偏財 通変星
沐浴 十二運

図では比肩・劫財星が合わせて3つあります。

 

自星を多く持っていると、なかなか人の言ったことを聞き入れることができないところがあります。

しかし、自我の強い人は意外と多いんです。

 

・ふさわしい仕事は?共同作業ではない方がいい

どちらかと言うと、自分でやりたい仕事はあなた自身で決めたい。

人に勧められてもあまりピンとこないのではないでしょうか?

 

独立心が旺盛で、率直で向こう気の強い人でもあります。

一度決めたことは、やり通したい気持ちがあるので、気持ちが揺れることなく一生懸命頑張れる人です。

ただ、独立したい星でもあるので組織の中のルールに従ったりすることが苦手です。

 

向いているのは下記のような職業です。

・自営業

・自由業

・インストラクター

・アドバイザー

・好きな専門分野を見つける

組織の中での共同作業は向いていないので、周りに合わせることが苦痛になってきます。

気の合う人であればいいのですが、人と協調したり、頭を下げることが苦手なため、あなたの好きな専門分野であれば大いに発展することが可能です。

 

早いうちに、好きなこと、得意なことを見つけて、本当にやりたい職業を決めておくことが大切です。

職場の人間関係が上手くいかないと、ついついストレスがたまってしまいますよね。

自分のペースで出来る仕事が一番ふさわしいですね。

 

・まとめ

意思が強く、周囲の意見にも流されず、目標に向かって最後まで頑張れる人です。

自分の人生は自分で決めていこうと思っている人なので、頑張っている時は自分本意になりやすくなるので注意しましょう。

 

目標が決まったら達成するまで努力し、前進できる人なので、何の仕事がやりたいのか?

自分らしくいられる仕事に就くことができれば、運が開いていき成功します。

 

どう言う職種が一番適しているのか?

間違った選択をしてしまうと、仕事がスムーズにいかなくなります。

ふさわしい職に就くことで運が上昇していきます。

あなたのふさわしい職種は何なのか、調べてみませんか?

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひいろの四柱推命 , 2020 All Rights Reserved.