四柱推命 十二運『帝旺』の性格・運勢・有名人

      2019/07/14

人怖じしない態度で、粘り強く、雄大な心の持ち主の『帝旺』の人。

時に油断もありますが、限界も考えずに頑張る人です。

そんな十二運『帝旺』の人の個性をご紹介していきます。
 

日常の生活のなかで、この十二運の特徴があらゆるところに出てきます。

今まで個性を知らなかった人、それぞれの個性を知っておいてくださいね。

個性がわかることで、

・悩みから解放され、気持ちが楽になります。

・自分の気持ちに余裕がでてきます。

・気持ちに余裕がでてくれば、何事にもやる気がでてきます。

・イライラすることもなくなり、やさしい気持ちが芽生えてきます。

・明るい未来につながります♪

 

それでは、四柱推命の十二運『帝旺』の人の基本的な意味について。
 

四柱推命では、人の個性を12種類に分類しています。

十二運には、胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶の十二種があります。

人間の一生をたとえて名付けており、運勢の強弱・好不調をあらわします。
 

この個性は、生まれ日と生まれ月の十二運に強く出てきます。

生まれ日の十二運は家族や親友に接する時の態度が出やすく、

生まれ月の十二運は他人との対応の時に見せる態度として見ることができます。

あなたの生まれ持った個性を知っていますか?

分かっているようで、意外と気が付いていないこともあります。

家族や、友人、職場の人などの、身近な人のことで悩んでいませんか?

日頃忙しい人にとって、悩む時間と労力はもったいないですよね。

この十二運を知っていれば、『相手がどのような個性の持ち主なのか?』を知ることができます。

そうすることで、相手を理解できるようになるので、悩む必要がなくなっていきます。

 

お子さんの場合は、兄弟によっても全く違う性格だったりします。

『子供の個性をもっと早く知りたかった』ということを、鑑定後に良く聞きます。

自分に余裕がないと、ついつい必要以上に叱ってしまったり、悩みが絶えないですよね。
 

個性を知っていれば、お子さんの気持ちに寄り添っていくことができ、共感できることで、ストレスから解放されるので、悩んでいたことが嘘のようになくなっていきます。

是非、十二運の特徴を知って、心地良い生活を送りましょう♪
 

四柱推命の命式から十二運を見ていきます。

赤枠のところが十二運になります。

十二運がわからない方は生年月日を入力して調べて下さい。

こちらから

(図表では日柱の十二運は”胎”。月柱の十二運は”建禄”になります)
 

[1]帝旺とは

社会活動などについて、もっとも脂の乗っている最盛期で、気力が充実している最高潮の時代に当たります。

頂上、支配、独立独歩、横暴、名声、地位などの意味があります。

また、運勢の変転を暗示します。
 

[2]帝旺の人の性格

・適応能力の高い自信型

自由な発想で、考えの幅も広く、自信を持って積極的に生きる人。

どんな分野でも、変化に対しても適応する才能があります。

自信があるので何事にも挑戦します。

体力の限界を考えずにやってしまうパワーがある人です。
 

・平等で思考の幅が広い人

上下関係にこだわらず、気軽に交際できる人です。

人はすべて平等であり、包容力があります。

何もしないとなると本当に行動しないところがあります。

滅多に怒りませんが、怒るとスッパリと関係を切ってしまうところがあります。
 

・不意打ちに弱い

いつも自信たっぷりですが、嘘をつかれたり、不意をうたれるとやたらと神経質になるところがあります。

義理人情にもろいところがあります。
 

[3]帝旺の人と付き合う時に気をつけること

・やる気を熱心に伝える。

・義理人情に訴える。

・相手を褒めて、マイナーな意見を言わない。

・限界を超えている時は声かけする。

 

運勢については、各柱から十二運のみの運勢になります。

天干と通変星も合わせて見ることで、詳しく運勢が読み取れます。
 

[4]帝旺が年柱にある場合の運勢

良い家柄に生まれる人が多く、先祖や親の恩恵の厚い生まれとなります。

活発で活動的な初年期を送ります。
 

[5]帝旺が月柱にある場合の運勢

非常に強い個性を持ち、野心家のため人生の波が大きい。

失敗すればどん底を味わい、成功すれば頂点を極めることも可能な中年期となります。
 

[6]帝旺が日柱にある場合の運勢

プライドが高く、ワンマンでがむしゃらに成功を勝ち取るタイプです。

強すぎる運のため、人から敬遠されることがあり、特に女性は男勝りとなり、結婚運に支障をきたしがちです。
 

[7]帝旺が時柱にある場合の運勢

老いても自分を通そうとするパワーがあり、ワンマンになりがちです。

晩年は孤独になる暗示があり、自分を抑えないと周囲から孤立し、家族からも敬遠されることになりかねません。
 

[8]日柱地支が帝旺の人・有名人

十二運 帝旺は、(丙午=ひのえねうま・丁巳= ひのとみ・戊午= つちのえうま・己巳=つちのとみ・壬子=みずのえね・癸亥=みずのといがあります。
 

・丙午の人・丙午の有名人

丙午=人おじしない気さくでさっぱりしている人。じっくり考えて行動を起こす

星野源、国分太一、木梨憲武、MEGUMI、渡辺美奈代、松本伊代、又吉直樹、倉科カナ、高橋凛、三浦雄一郎
 

・丁巳の人・丁巳の有名人

丁巳=人おじしない、何事にも広く浅く巧みに要領を会得する感覚の持ち主

渡部建、伊藤淳史、竹山隆範、おのののか、伊調千春、藤岡達也、野村宏伸、管直人、千昌夫、徳山和夫
 

・戊午の人・戊午の有名人

戊午=落ち着いた印象と人おじしない、何事にも一途に立ち向かう献身的な根性を備えている人

高畑充希、IKKO、波瑠、伊野尾慧、丸山隆平、みのもんた、小野文恵、草野仁、内田裕也、新庄剛志、具志堅用高
 

・己巳の人・己巳の有名人

己巳=人当たりは穏やか、情に流されず、客観的な見方や考え方、批判のできる人

大泉洋、井ノ原快彦、江口洋介、中村アン、井森美幸、小堺一機、近藤真彦、上野樹里、五十嵐淳子、中曽根康弘
 

・壬子の人・壬子の有名人

壬子=近寄りがたいが、誠実で調和がとれた人。感受性の鋭いところもある

福山雅治、鶴見辰吾、黒沢かずこ、庄司智春、黒沢かずこ、ともさかりえ、杉村太蔵、郷ひろみ、杉山愛、鶴見辰吾
 

・癸亥の人・癸亥の有名人

癸亥=内心優しいが、言葉使いが鋭い。柔軟な考えを持つ、粘り強い性格

タモリ、桑田佳祐、明石家さんま、宮崎あおい、長谷川博己、錦織圭、中谷美紀、澤部佑、間宮祥太朗、森昌子、王貞治
 

胎(たい)             母胎に生命がやどる

養(よう)             誕生。両親に養われる

長生(ちょうせい) 順調に成長する

沐浴(もくよく)    人生の転換期

冠帯(かんたい)    成人式をむかえる

建禄(けんろく)    実力発揮、独立独歩

帝旺(ていおう)     成功の絶頂期にいる

衰   (すい)           やや身体がおとろえる

病 (びょう)        病を得て病床にある

死   (し)              逝去

墓   (ぼ)              お墓に入る

絶 (ぜつ)           魂になり絶無となる

 - 十二運

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。