風邪と無縁になるには、食事の摂り方を変えるだけ!

   

こんにちは、ひいろです。

 

この時期になると、風邪を引き始める人が出始めますが、

皆さんは大丈夫でしょうか?

なかには、『風邪はめったにひかない』と言う方もいらっしゃいますが、

毎年、寒くなると必ず、風邪を引いてしまう人にとっては、

 

『人混みはなるべく避けたい。』

『咳をしている人を見ると、風邪を移さないで!』

『すごく冷え性なので、冷えないようにたくさん着込んでます!』

 

などと、少し神経質になってしまうかもしれないですね。

 

何しろ、風邪を引くと、とても憂鬱な気持ちになって、身体もだるくて、やる気さえも失ってしまいすよね。

そうならないためにも、是非、お勧めしたい食事法があります。

 

朝食を摂らない』ことです。

 

これだけで?と思われるかもしれませんが、

『朝食は必ず摂りましょう。』

と、良く耳にする言葉だと思います。

『朝食は1日のうちで最も大切なもの。絶対に抜いてはいけない』と、多くの方が言っていますが、

それは違うのでないかと思います。

もし、朝食を抜いてしまうと血糖値が下がり、脳へのエネルギー補給が不十分になるというものですが、ブドウ糖が足りなくなると、余分にある体脂肪を分解し、これを栄養素とします。

これがケトン体というものです。脳はケトン体を使えるので全く心配はないのです。

 

実際に朝食を抜いてみると、最初は空腹に慣れていないために、力が出ないように感じます。

しかし、慣れてしまうと体調が良くなっていくのがわかります。

 

私も以前は、『1日3食』しっかり食べ、そのうえ、おやつもしっかり食べていました(笑)

 

もう20年にもなるので、朝食抜きにもすっかり慣れ、『昼ごはんはいつも美味しい!』と感じます。

年中風邪ばかり引いていたのが、めったに引かなくなったのですから、やはり効果があるんですよ〜。

 

最初は食べ物を少しずつ減らしていきながら、最終的には飲み物だけにして、時間をかけて慣らしていくと、失敗も少ないと思います。

 

朝食抜きに抵抗がなく、すぐ出来るようであれば、この冬は風邪とは無縁に慣れると思います。

 

やってみたいけど、なかなか上手くいく自信がないと言う方は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 健康

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。