心と体のバランスを取ることが決め手!体の内側から元気になれば運は急上昇!

感情的になって人に当たらないことで、人間関係が良くなっていく!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、ひいろです。

 

6月に入り、梅雨の時期になりました。

ジメジメとした雨の時はマスクが蒸れそうですが、真夏のマスクは熱中症が増えそうですね〜>_<

 

コロナの影響で、緊急事態宣言は解除されましたが、何かと日常生活に不自由さを感じることが多いですよね。

気持ちのコントロールが上手く行かないと、ストレスがどんどん溜まっていきます。

あなたはストレスを、上手く発散できていますか?

 

これからは、いかにストレスを溜めずに軽減できるかが、とても大切です。

 

ストレスを上手く発散できる人は問題ないのですが、どんどん溜まっていき、本人は気が付かないで、ストレスを人にぶつけてしまうことがあります。

 

例えば、身近な家族や他人に当たってしまったりすることも、普通にあると思います。

 

そうならないためにも、カッとして感情的に怒ってしまいそうな時、どうしたらいいのか?

“冷静を取り戻す対処法”をお伝えします。

 

・”ひと呼吸”をおいて冷静を取り戻す

カッときた時は、冷静に判断することが難しいもの。

”間を開ける”ことで、冷静さを取り戻すようにします。

 

『なんで、あんなことを言ってしまったのだろう、言い過ぎてしまった。』

後悔することもあると思います。

 

しかし、ひと呼吸おくことで、感情をコントロールできるようになります。

そう簡単にはいかないかもしれませんが、何度か練習してみることで、習慣づけていきます。

 

・一杯の水を飲むことで心を落ち着かせる

ひと呼吸で、上手くいかなかった時は、

『一杯の水を飲みます。』

 

飲むことに集中することで、飲み終わった時には心が落ち着いています。

いらだちが収まったところで、冷静になることで言わずに済むでしょう。

 

・感情的に怒らないことで、人間関係が良くなっていく

ストレスが上手く解消できない人は、ちょっとしたことで怒ることが良くあると思います。

そう言う人は、いつもストレスが溜まりがちで、気持ちに余裕がありません。

周りの人から『短気な人だから』と、いつでも話かけられない雰囲気を持っているかもしれません。

 

感情的になった時、言った方も言われた方も、ストレスが溜まります。

そうならないためにも、グッとこらえることは必要です。

 

そこで我慢ができれば、普通に通りに接することができるようになります。

言いたいこと言えなかったことで、モヤモヤした気持ちがあるかもしれませんが、感情的になることは何一ついいことがありません。

イライラした時は、『冷静になれ!』と自分に言い聞かせます。

何回か唱えると効果がありそうです。

自分の心がけ次第で、我慢ができて普通に接することができるようになります。

一歩進歩できたことが自信につながり、人間関係も良くなっていきます。

 

・まとめ

ストレスは誰もが感じることですが、溜まり過ぎるとついつい自分本位になってしまい、人のことまで考える余裕さえなくなってしまいます。

ストレスを人にぶつけてしまい、言われたその人がイヤな思いをしていたら、その人との関係性は悪化してしまいます。

 

日頃のストレスのはけ口が、人にならないように心がけをします。

そして、好きなことを見つけてそれに没頭する時間を作り、ストレスを発散するのが一番良いことですね。

 

『人に迷訳をかけないようにする。』

『人に感謝できるように心がける。』

 

そうすることで、自然と人間関係が良くなっていきます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひいろの四柱推命 , 2020 All Rights Reserved.