久しぶりの投稿になります。パソコンが故障して使えなくなってしまいました😆

先日、秋は白い食べ物を摂ると呼吸器の機能を促し、肌の潤いもキープするということを、お伝えしました。

白い食べ物というと、私のお気に入りは豆乳ヨーグルトです!

去年ぐらいまでは、ヨーグルトメーカーで牛乳を使って自家製ヨーグルトを食べておりました。

ごく普通のヨーグルトですね〜。ただ低脂肪牛乳では作れないというので、豆乳ヨーグルトだったらヘルシーでいいなー?だだ美味しくないだろうなーっと思っていました。

土鍋を使って、豆乳ヨーグルトを作ってみた!

ヨーグルトメーカーを何年か使っていましたが、コンセントの接触が悪くなり、買い替えようか迷っていましたが、豆乳ヨーグルトが簡単に作れることを知り、「土鍋で作れるのー?美味しく出来るのかなー?」と、一度作ってみることに。

土鍋は冬にしか使わなかったのですが、今ではヨーグルト作りのために、出番が多くなりました。
持ち運びにはお気をつけ下さい。

材料

成分無調整豆乳 :1リットル

カップヨーグルト(小さいもの100グラム位) :1個

1.土鍋に豆乳1リットルを入れる。

2.1にカップヨーグルトを入れ、スプーンでしっかり混ぜる。

3.土鍋のふたをして中火で1分間加熱します。ふたを開けず、そのまま6時間位で出来上がり。

夏場は気温が高いので、ヨーグルトになるまで、あまり時間がかかりませんが、冬場は少し時間がかかります。

また、とろとろのヨーグルト”がお好きな方は、早めにキレイなタッパーに移し替えて冷蔵庫に。

あまり長く放置してしまうと、お豆腐のようになってしまいます。ふたの内側の水滴がヨーグルトに入らないよう、お気をつけください。

豆乳で作ったのー?と思うほど、なめらかなとろとろヨーグルトが出来ます。

種菌のカップヨーグルトは、どのヨーグルトを使っても大丈夫!変えることで、いろいろな味が楽しめる!

市販のカップヨーグルトは、色々な種類がありますが、わたしのお気に入りは、クリーミーなバニラヨーグルトです。お勧めします!
どのカップヨーグルトでもいいので、クリーミーなヨーグルトでも、酸味のあるヨーグルトでも、お好きな味が選べます。

トッピングには、ジャムやハチミツ、メープルシロップでいかがですか?

発酵食を摂ることで、腸内環境を良くする!免疫力をアップする。

年齢と共に腸内環境は悪くなりがちです。便秘がちな人には、是非取って欲しい”豆乳ヨーグルト”です。お肌もキレイになります。食べた後は、疲れも癒されます😃

食後のデザートにいかがでしょうか?