心と体のバランスを取ることが決め手!体の内側から元気になれば運は急上昇!

四柱推命 十二運『養』の性格・運勢・有名人

2020/03/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

温厚で円満、正直で控えめな感じの『養』の人。

実は人見知りで、用心深いので、観察力が抜群です。

そんな十二運『養』の人の個性をご紹介していきます。

 

初めての方に限り、『お得なキャンペーン』電話鑑定 20分 2,000円(通常 5,000円)を実施していますので、ぜひお試しください。   詳しくは→ こちら

 

日常の生活のなかで、この十二運の特徴があらゆるところに出てきます。

今まで個性を知らなかった人、それぞれの個性を知っておいてくださいね。

個性がわかることで、

・悩みから解放され、気持ちが楽になります。

・自分の気持ちに余裕がでてきます。

・気持ちに余裕がでてくれば、何事にもやる気がでてきます。

・イライラすることもなくなり、やさしい気持ちが芽生えてきます。

・明るい未来につながります♪

 

四柱推命では、人の個性を12種類に分類しています。

十二運には、胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶の十二種があります。

人間の一生をたとえて名付けており、運勢の強弱・好不調をあらわします。

この個性は、生まれ日と生まれ月の十二運に強く出てきます。

生まれ日の十二運は家族や親友に接する時の態度が出やすく、

生まれ月の十二運は他人との対応の時に見せる態度として見ることができます。

あなたの生まれ持った個性を知っていますか?

分かっているようで、意外と気が付いていないこともあります。

家族や、友人、職場の人などの、身近な人のことで悩んでいませんか?

日頃忙しい人にとって、悩む時間と労力はもったいないですよね。

この十二運を知っていれば、『相手がどのような個性の持ち主なのか?』を知ることができます。

そうすることで、相手を理解できるようになるので、悩む必要がなくなっていきます。

 

お子さんの場合は、兄弟によっても全く違う性格だったりします。

『子供の個性をもっと早く知りたかった』ということを、鑑定後に良く聞きます。

自分に余裕がないと、ついつい必要以上に叱ってしまったり、悩みが絶えないですよね。
 

個性を知っていれば、お子さんの気持ちに寄り添っていくことができ、共感できることで、ストレスから解放されるので、悩んでいたことが嘘のようになくなっていきます。

是非、十二運の特徴を知って、心地良い生活を送りましょう♪
 

四柱推命の命式から十二運を見ていきます。

日柱 月柱 年柱  
丁丑 己未 干支
蔵干
  比肩 食神 通変星
印綬 食神 食神 通変星
冠帯 冠帯 十二運

 

黄色印のところが十二運になります。

十二運がわからない方は生年月日を入力して調べて下さい。

こちらから

図表では日柱の十二運は”胎”。月柱の十二運は”建禄”になります)

 

[1]養とは

母体内で養われている状態を表し、出生の気配があります。

素直、忍耐力、和合、円満、八方美人、色情、養子などの意味があります。
 

[2]養の人の性格

・愛情を求める人

正直で愛情を大切にする人

自分が愛情を捧げられる人や、愛情を注いでくれる人を求めます。

寂しがり屋の人で、不安な気持ちのままでいるのが苦手であり、安心感を持てることに重視します。

孤独感を味わうのは苦手です。
 

・人見知りがある

恥ずかしがり屋ですが、愛嬌はあるほうです。

初対面の人とは、信頼できるかどうか時間をかけて観察します。
 

・用心深い

慎重さと、入念さがあり、十分過ぎる程検討します。

石橋を叩いて渡るタイプです。

綿密な分析力やチェック能力があり、矛盾点をつくのが上手です。
 

[3]養の人と付き合う時に気をつけること

・不安を感じやすい人なので、安心感を与える。

・好意を持っていることを伝える。

・自分が味方であることを印象付ける。

 

運勢については、各柱から十二運のみの運勢になります。

天干と通変星も合わせて見ることで、詳しく運勢が読み取れます。
 

[4]養が年柱にある場合の運勢

親との縁が薄く、自分も養子に行くことがあります。
 

[5]養が月柱にある場合の運勢

社会生活が不安定になりがちです。

交友面には恵まれていますが、色情トラブルを起こしやすく、

中年以降は注意が必要です。
 

[6]養が日柱にある場合の運勢

交際上手ですが、色情面で失敗しやすい傾向があり、結婚後にトラブルを生じやすくなります。
 

[7]養が時柱にある場合の運勢

家庭は円満で安泰となり、子供運にも恵まれて幸福が得られます。
 

[8]日柱地支が養の人・有名人  (日柱地支が養)

十二運 養は、(甲戌=きのえいぬ・乙未= きのとひつじ・

庚辰= かのえたつ・辛丑=かのとうし)があります。
 

・甲戌の人・甲戌の有名人

甲戌=実直で控えめな態度ですが、自分の信念を守り、常識的な思想の持ち主

森泉、橋本マナミ、松岡修造、本田翼、安田美沙子、安めぐみ、上白石萌音、村上知子、生田斗真、相田翔子、菊池桃子
 

・乙未の人・乙未の有名人

乙未=義理堅く人情にも厚く、律儀で誠実な性格

土田晃之、中丸雄一、安達祐実、のん(能年玲奈)、志尊淳、浅利陽介、岡田准一、峯岸みなみ、岡崎朋美
 

・庚辰の人・庚辰の有名人

庚辰=負けず嫌いな一面がある、温厚で円満な人柄

安倍晋三、武井咲、佐藤健、東貴博、平野歩夢、ゲッターズ飯田、小林麻耶、枝野幸男、十朱幸代、杉田かおる
 

・辛丑の人・辛丑の有名人

辛丑= 誇り高く、容易に周囲と妥協しない独特の信念に生きている人

指原莉乃、錦戸亮、坂下千里子、GAKUTO、春香クリスティーヌ、山里亮太、森進一、星野仙一

 

初めての方に限り、『お得なキャンペーン』電話鑑定 20分 2,000円(通常 5,000円)を実施していますので、ぜひお試しください。

申し訳ありませんが、受け付け人数に限りがあるため、毎月、先着10名様までとさせて頂きます。

先着順になりますので、お早めにお申し込みください。

詳しくは、鑑定のご案内でお読み頂き、お問合せでお申し込みができます。

 

胎(たい)            母胎に生命がやどる

養(よう)             誕生。両親に養われる

長生(ちょうせい) 順調に成長する

沐浴(もくよく)    人生の転換期

冠帯(かんたい)    成人式をむかえる

建禄(けんろく)    実力発揮、独立独歩

帝旺(ていおう)     成功の絶頂期にいる

衰   (すい)           やや身体がおとろえる

病 (びょう)        病を得て病床にある

死   (し)              逝去

墓   (ぼ)              お墓に入る

絶 (ぜつ)           魂になり絶無となる

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひいろの四柱推命 , 2019 All Rights Reserved.