1月11日は鏡開きですね。今日は、簡単なお餅ピザはいかがですか?

お餅に材料をのせるだけで、ピザ用チーズがあれば、具材は何でも大丈夫です。

お雑煮は飽きてしまった方に、お子様にも喜ばれますね〜。

 

鏡餅とは神仏に供える正月の餅のこと。

『お鏡』、『お供え』、「お重ね』などと呼ばれます。

鏡餅と言われる理由は、昔の鏡の形に似ているからだそうです。

昔の鏡は円形で、神事に用いられるものでありました。

大小二つ重ねるのは、月(陰)と日(陽)を表し、福徳が重なっていると考えられているそうです。

鏡開きとは11日は、神様に供えた鏡餅を下ろし、餅の開きをすること。

運を『開く』と言う意味を込めて、鏡開きとなずけたそうです。

餅ピザの作り方

(材料)

・お餅      2個

・玉ねぎ    5g

・ピーマン  5g

・ソーセージ 5g

・ピザ用チーズ 10g

・ケチャップ 少々

(作り方)

1.お餅にケチャップを薄く塗り、スライスした玉ねぎ、薄切りしたソーセージ、薄切りしたピーマンをのせる。

2.一番上に、ピザ用チーズをのせて、オーブントースターで 5分位焼きます。

3.お餅が柔らかくなったら出来上がり。

まとめ

お餅を食べると、神様の力を得ると考えられています。

『切る』や『割る』という言葉は縁起が悪いので、お餅を砕く時は、刃物は使わないで、手や小槌を使うといいそうです。

理由は、刃物が神様の嫌うものだからだそうです。

お餅を切らないで、お餅を食べて、運気をアップさせましょう。